科学自由研究info

NPO法人日本サイエンスサービス
ホーム | サイトマップ | このサイトについて | コンタクト

TOPページおもしろ自由研究 小学生おもしろ理科自由研究 音のした方向を知る力
おもしろ自由研究
科学自由研究のコンテスト受賞作品で「おもしろい!」と思った研究を紹介

音のした方向を知る力

研究タイトル=ヒトの耳ってすごい!
研究者=秋田県大仙市立神宮寺小学校 翼学年

第49回自然観察コンクール 秋山仁特別賞


研究論文を手にする代表者

 こんなに大掛かりな研究は初めてでした!何と6年生全員、28人で取り組んだというのです。翼学年のみんなが研究を始めるきっかけとなったのは、授業中に筆箱を落としてしまったという何気ない日常の光景。そこから「耳にはどのくらい方向を知る力があるのか?」という疑問を持ち、研究を始めました。「音のした方向はある程度までしか分からず、正確には分からない」という仮説を立て教室で、あるいは体育館で実験しました。音についても、手を叩いてみたりピアノを使ってみたり、歌のCDを使って人の声を試してみたり。それだけでなく、音のする場所を聞く人の場所より高くしてみたり低くしてみたり、片耳だけ塞いでみたりヘルメットを被ってみたりもしました。実験する人が全員なら、実験を手伝うのも全員。役割もそのつど決めました。色々な実験を何度も繰り返しデータを取る事はとても根気の要る作業でしたが、徐々に研究にのめりこんでいった翼学年のみんなは協力し合って見事にやり遂げました。研究はこれで1つの形になったという事で継続はしないそうですが、この経験を活かして頑張って欲しいと思います。

他のおもしろ研究を読む>>

(文=今福成徳)


ホーム - サイトマップ - このサイトについて - お問い合わせ