科学自由研究info

NPO法人日本サイエンスサービス
ホーム | サイトマップ | このサイトについて | コンタクト

TOPページおもしろ自由研究 小学生おもしろ理科自由研究 空気の流れを見るには
おもしろ自由研究
科学自由研究のコンテスト受賞作品で「おもしろい!」と思った研究を紹介

空気の流れを見るには

研究タイトル=「空気って何だろう パート2〜空気の流れを見てみよう〜 」
研究者=瀧口涼葉さん(小学3年生)

第50回自然科学観察コンクール1等賞

 身近に有る「空気」にどんな不思議が隠れているのかという事に興味を持った瀧口さん。昨年、空気の力について研究した時に見つけた疑問を追いかけて、今年は「空気の流れ」に目を向けました。

 まず、空気で物を浮かせる事に挑んだ瀧口さん。昨年の研究の中で成功した発砲スチロール球の他、浮かせる物の大きさ・形・重さ、更には表面をアルミホイルや食品包装フィルムで包む等、条件を色々変えて実験しました。それだけでなく、ドライヤーの大きさを変えて送る風の量による影響も調べました。この実験から、曲線で出来ている方が空気がスムーズに流れるので浮き易いという結論を導き出しました。

 そして、「空気を見る」事に取り組んだ瀧口さん。絹糸を使って空気の流れが見える様にしました。とても分かり易く、効果的な方法ですね。その上にピンポン球やカップ麺の容器を浮かせる事で、浮いている物の周りを空気がどの様に流れているかを確かめました。

他にも紙や漏斗を使って空気の不思議な現象を具に観察し考察した瀧口さん。予想外の結果が出る等して、改めて実験は楽しいと感じた様です。研究を続けていきたいと語ってくれた瀧口さんの次なるテーマは「ビル風」だそうです

他のおもしろ研究を読む>>

(文=今福 成徳)


ホーム - サイトマップ - このサイトについて - お問い合わせ