科学自由研究info

NPO法人日本サイエンスサービス
ホーム | サイトマップ | このサイトについて | コンタクト

TOPページおもしろ自由研究 中高校生おもしろ科学自由研究 針金から噴出する気泡
おもしろ自由研究
科学自由研究のコンテスト受賞作品で「おもしろい!」と思った研究を紹介

針金から噴出する気泡

研究タイトル=針金を使った化学振動現象
研究者=岩見綾花さん

第47回 日本学生科学賞 内閣総理大臣賞受賞

 ある特殊な溶液に針金を入れると、シュワッ、シュワッと規則正しいリズムで気泡が発生します。まるで癒しのインテリアのようなその現象に、岩見さんが出会ったのは高校1年生のとき。この日から、学校の化学室にこもりっぱなしの生活が始まりました。

 酸に針金を浸けると気泡が発生し続け、酸化剤に浸けると皮膜ができた状態になります。その中間の状態が、この新しい現象の舞台です。リン酸水溶液に過酸化水素を加え、そこに針金を浸すと 水素ガスが発生しますが、すぐにその発生が止まり、何秒か後に再び水素ガスが発生、以後そのリズムが規則的に繰り返されます。岩見さんは溶液の条件を変えたり、電圧を測ったり、電子顕微鏡で針金の表面を観察したりすることによって、針金表面にできる耐食性を持つ膜にミクロの穴があいていること、そしてそこに吸着された水素ガスが気泡の正体であることをつきとめました。

 岩見さんが第四十七回日本学生科学賞で内閣総理大臣賞を受賞したのは実験開始の約1年後。しかし実験データを見ると、そこに記載されている日付が提出締切日直前のものばかりであることに気がつきます。なんと、作品提出の2週間前にとある発見をしたことで、それまでの実験データが全て無駄になってしまったのだそうです。誰もが肩を落として絶望する中、岩見さんは「何がなんでも終わらせる」と諦めずに実験を繰り返し、見事締切に間に合わせました。

 実はこの研究、とある大学の公開講座で「面白い実験」として紹介されているのを見たのがきっかけで始まったのだとか。大学でやっている実験は難しそう・・・なんて怖がらずに、面白いと感じたことにはどんどんチャレンジしてくださいね。。

他のおもしろ研究を読む>>

■大学で研究できるチャンスについての情報はこちら

(文=奥山優衣)


ホーム - サイトマップ - このサイトについて - お問い合わせ